イタリアングレーハウンド飼育上の注意点【 イタリアングレーハウンド・ブリーダーズ 】

現在の登録犬数2頭|登録ブリーダー数20


  1. イタリアングレーハウンド・ブリーダーズ
  2. >
  3. 子犬の検索
  4. >
  5. イタリアングレーハウンド飼育上の注意点

イタリアン・グレーハウンドの飼育環境

イタリアン・グレーハウンドの飼い方

イタリアン・グレーハウンドの子犬 イタリアン・グレーハウンドは知らない人や
犬に対して警戒心がつよい犬種です。

また、視覚ハウンドですので遠くで動くものや
匂いに敏感で、見つけたらすぐに追いかけようとしてしまいます。

思わぬ事故を防ぐためにも、
外に出るときはリードが外れないように注意しましょう。

イタリアン・グレーハウンドは少し神経質な面がありますが、
性格は遊び好きで温和、頭が非常にいいので、しつけはしやすいです。

攻撃性はありませんので、小さなお子様がいる家庭でも安心して一緒に暮らせます。

吠え癖もないので、集合住宅でも大丈夫です。

被毛は短く繊細なため、暑さ、寒さにたいへん弱い犬種ですので、
寒い地方や屋外飼育は不向きといえます。

また、人と一緒にいることを好みますのでそういった面からも
室内飼育をオススメします。


◎お散歩
イタリアン・グレーハウンドの冬場のお散歩は洋服(コート)が必須です。

とても寒い日などは室内での運動だけで、お散歩は控えたほうが良いでしょう。

また、夏は熱中症などにかからないよう、涼しい時間帯に外に出してあげましょう。

イタリアン・グレーハウンドは活発で動き回ることが大好きなので
なにかを追いかけて走るなど、たくさん遊ぶことを好みます。

普段は毎日1時間くらいのお散歩が目安ですが
骨が細く、骨折しやすいので激しい運動には十分に注意してください。

ポカポカ陽気の日には、ドッグランに連れて行って
思いっきり走らせてあげるのもいいですね。

◎お手入れ
短毛で抜け毛が少ない方ですので、時々ブラッシングしてあげる程度で十分です。
週に2回くらいが目安で、獣毛ブラシを使用すると、毛艶がでてよいでしょう。

汚れたときは蒸しタオルで拭いてあげます。

シャンプーは、ブラッシングと、蒸しタオルでの手入れを行っていれば、
月に一度くらいで十分でしょう。

他の犬種に比べれば、お手入れはとても簡単な犬種です。


イタリアン・グレーハウンドの病気


◎骨折
(症状)
患部の腫れ、痛み、歩行異常などが見られます。

(原因)
大半は、高い所からの飛び降りや、勢いあまって転んでしまったり、
交通事故などによって、骨につよい衝撃が加わる事で引き起こされます。

また、骨に腫瘍があったり、ホルモンの異常など、
他の病気が原因となっている場合は、かるい衝撃でも骨折を招く事があります。

過度なトレーニングによって、疲労骨折をまねく事もあります。

(対策)
出かける際はしっかりとリードにつなげておき、
高いところからジャンプさせないなど、注意が必要です。

食事の面でも、丈夫な骨が形成されるよう工夫したドッグフードを与えるなど、
食事管理に気をつけましょう。

◎てんかん
(症状)
原因不明で発症するケース(遺伝的疾患と考えられる)と、
脳を形成する神経細胞に異常が起こる事によって発症するケースがあります。

手足・顔面、もしくは全身にけいれんを起こす、意識をなくす、
失禁するといった症状がでます。

発作がおさまると普段の状態に戻りますが、こうした発作が何度も続くようになると
とても危険な状態となり、命にかかわる事になります。

原因不明の場合は抗てんかん薬の投与によって治療します。

てんかんの原因がはっきりしている場合は、その原因への対処療法を始めます。

適切な治療を受けるためにも、発作を起こした際の詳細な状況を
医師に伝えることが重要です。

(対策)
てんかんの予防法はありません。一度でも発作を起こした場合は、
なりやすい体質だと考え、発作がひどくなる前に獣医師の診断を受け治療を施しましょう。

◎脱毛症
(症状)
主に耳介・耳後部・大腿部の尾側・腹部で、最初は薄くなる程度ですが、
成長とともに完全に脱毛してしまう例もあります。

原因はわかっていません。脱毛以外には健康状態は良好です。

(対策)
原因不明なので対策のしようがないですが、
もし皮膚がかゆいなどの異常が見られた場合は、獣医さんに見てもらいましょう。

どんな病気でも早期発見・早期治療が大事ですね。

◎緑内障
(症状)
眼球内部の圧力が高くなることによって、目が強く充血したり、
飛び出したようにみえます。

また、強い痛みがあったり、目の色が赤や緑に見えたり、視力が低下して、
最悪失明する事もあります。

投薬をつかった内科療法と、投薬での治療は難しい場合に外科的療法が行われます。

(対策)
小型犬に発症しやすい傾向があるようです。

犬は少々見えづらくなっても、通常の生活を送ることが出来るので、
飼い主の発見が遅れがちです。

"頭をなでられるのを嫌がる"、"ひどい涙目になっている"、
"なんとなく目がにごっている"などの症状に日頃から注意する事で、
早期発見・早期治療につながります。

また、6~7歳の高齢期になったら、特別気になる症状がなくても、
定期健診を受けるようにしましょう。


あなたにぴったりの子犬を検索